読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

昔、銀座で乗ってきたお姉さん。ひどい目に遭いました(怒)

お客さん、あれこれ タクシードライバーという仕事

1Boxタクシーに乗務していてその最大の利点があるとすれば、嫌なお客さんに当たる確率が格段に減ったことでしょう。

それでも、ゲロを吐かれたこともありますし、ゲロ袋を始末しておいてと言われたこともありますし、交番に直行してお客さんを起こしてもらったことも一度や二度ではありませんが…

 

今は、隔日勤務で15回前後の仕事しかしていませんし、そのうち羽田発や予約の仕事を数を引くと、そういうお客さんに当たる確率は、ぐっと少なくなります。

それだけでも、このお仕事精神的にすごく楽になったりします。

 

ところで、1Box乗る前を含め、今まで色んなお客さんを乗せてきた中で、一番嫌なお客というと、銀座の乗車禁止時間帯、8号乗り場から乗せた銀座のお姉さんでしょう。

もう8~9年くらい前のお話なのですが、そのとき記していたblogにも書いたので、もしかしたら記憶にある方もいるかもしれませんが…

 

そのお客さん、行き先は水天宮だったのですが、ルートがずいぶん変わったルートを指定してきました。

昭和通りを何ブロックか進んで、江戸通りに入り、蛎殻町から水天宮だったと思うのですが、その昭和通りを右折する交差点を間違えないようにしないとと思っていたら、行き過ぎてしまい(笑)、次の交差点で曲がって江戸通りに入ったら、「何で指定通りに行かないのよ!」と激怒。

そして、そのお姉さんの彼氏らしき人からの電話に代われと言われ、「なめとんのか、われ~」攻撃。

そして、お姉さんはコンビニに買い物に行くと言い出し、その間も、彼氏と称する男からの、「なめとんのか、われ~」攻撃が続き、もう気力も萎えてしまい、お金も貰わずとっとと降りていただくという選択をしてしまいました。

 

それ以来、銀座にはしばらく近づかなくなったのですが、今なら、その二人がグルだというのも分かりますし、そのまま交番直行してもよい案件なんだというもの理解できます。

でもこのときは、一番良い時間に、こんなことで時間を取られたくない!という思いが勝ったのです…

 

このお姉さん、何度かこういう乗り方をして味をしめたのだと思いますが、その後どうなったのでしょう(笑)

 

今まで乗せた中で、一番嫌なお客さん、と言われると、今でもこの人のことを思い出すのです。

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ