読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

Blogで何かを発信することと、1Boxタクシーと…

このエントリー、迷走しそうです(笑)

昨日からの乗務で、私が怒りを爆発させた件。

私自身が、何処に怒っていて、その結論に至ったのはどうしてなのか?ということを出来ればアップしたいのですが、何処までが公開に耐えられるものなのか?判断がつかないでいます。

 

所詮、無責任な殴り書きレベルのBlogである。その自覚はもちろんあるのですが、その無責任さはネット上という非日常空間だから許されるものだとも思っています。

しかし、ネット上の非日常性は簡単に現実世界とリンクしてしまいます。

ましてや、私は「怒っている」ということは、その対象者がいるわけで、その対象者には対象者の理屈があるんだろうとも思います。

 

家でBlogを記しているときは、たいていの場合、酔っていて正常な判断力も鈍っているでしょうし、推敲なんて作業はしていないので、一度アップされた文章は、私の思いとは別に勝手に動き出してしまう場合もあります。

 

このBlogの目的は、仕事上のモチベーションの維持だとか、様々な記録だとか、そんな内向きのものが大きく、それ故に、非日常と日常がリンクして生じるであろう厄介事は避けたいと願っているのです。

 

例えば、以前セダンタイプのタクシーに乗務していたときも、数年前にBlogをアップしていたことがあります。そのときの感覚だったら今回のこと、怒りの根源をそのままアップロードしていたような気がします。1boxだから躊躇っているところはあるのです。

 

これは、非日常性つまり匿名性の高さの問題でしょうか?

このblog、読む人が読めば、何処の会社の誰が記しているのか分かるのだと思います。

それは、セダンタイプのときも感じていました。お仕事の内容をアップしているのだから、分かる人にはわかるのだろうと…そして、それは別に気にならない点なのです。

でも、分かる人に分かられるのと、分からない人にも分かられるの差があって、それが1Boxとセダンの差なのかな?とも思っています。

 

まぁ、このレベルのblogではありえないだろうけど、何かの拍子に1boxタクシーに乗ったお客さんがネットで検索をしていたときに、このBlogが引っかかり、自分のことを面白おかしく書かれていたとしたら、いい気分はしないだろうと思うのです。

もちろん、個人情報に紐をつけなくても、1Boxタクシーという紐付けがあるわけで、場所と状況と1Boxが重なれば、特定されたも同じでしょうし…

ダンタイプとの差は、1boxなんて尖ったものに乗っているから、そんな風に引っかかりやすいという意識を過剰にしているってことでしょうか?

 

まぁ、そうすると昨日の怒りの出来事は、昨日アップしたレベルでしかアップできないのかな?なんて思ったりもしているのですが…

 

配車場所も、どうして重複して手配したのを私が気付いたのか?とか、何に一番怒っているのかとか…

う~む、もう少し悩むかな(笑)

 

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ