読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

正直者が馬鹿をみる仕組みかな?

昨日のエントリー「タクシー乗り場には長蛇の列、乗り場の手前で空車に手を挙げるお客さん、この場合乗せる?乗せない?」を記していて感じていたのですが、タクシー業界はお客さんもドライバーも「正直者が馬鹿を見る」仕組みが様々あります。

 

例えば、お客さん側では長蛇の列のタクシー乗り場に並ばずに、タクシー乗り場を目指している空車を捕まえることが代表例でしょう。

ドライバー側では、タクシー乗り場以外の場所の付け待ちは、ほぼ駐車違反行為ですが、構わず駐車違反をしているし、時には二重駐車もするし…

 

稼げるからという理由なのでしょうか?それらの法律違反を会社が咎めるようなことは、取締りを受けない限りありません。

 

違法行為を繰り返すことで、その乗り場事自体を失うこともあるのですが、やったもの勝ちのような風潮がこの業界にはありますね…

 

どうにかならないものか…

少し迷走しながら考えています…

  

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ