読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

謝罪しない方が印象が悪くなる…そんな実例のように思えます

EXILE関係者が北海道で交通事故に遭い、それに伴い公演が中止になったニュースが報じられています。

報じられている事故形態によれば、EXILE関係者の乗車したバンがコンビニから道路に右折で出る際に、道路を直進してきたトラックと衝突し、EXILE側の関係者に重傷者が発生しているというものです。

この事故形態が正しいとすれば、加害者はEXILE側のはずです。

 

しかし、いくつかのEXILE関係者のコメントを読んだのですが、怪我をした関係者への労い(?)の言葉はあるのですが、トラックドライバーならびにトラックの関係者への謝罪はありませんでした。

そのコメントだけ読むと、まるで被害者のようにさえ感じます。

あまりにも、それが徹底されているので、私の事故形態の認識が違うのかと思いましたが、やはり加害者側はEXILE側の車両に思えてなりません。

 

さて、事故の第一当事者がこの様に、まるで被害者のように振舞っていたら、最悪ですよね(笑)。

 

事故の際、「謝ったら負け」のような態度がもてはやされた時代がありました。

しかし、それは過去の遺物です。

そんな過去の遺物を引きずって、加害者なのに適切に謝らなければ、印象はさらに悪くなります。

 

話は逸れますが、私がタクシー乗務を開始して初めて遭遇した事故が100vs.0で相手が悪い事故でした。

しかし、その相手は逆切れ(笑)。

相手にしてられないので、呼んだ警官に「逆切れしているので、厳正に対処してください」と伝えた記憶があります。

加害者側が謝らなければ、厳正に対処して欲しいと願うのは、被害者側の偽らざる本音だと思うのです。

 

さて、そんな実例だと思って、この事故へのEXILE側の責任者であるHIRO氏のコメントをお読みください。そして、そのコメントに寄せられた一般読者のコメントも併せてお読みください。

HIRO氏には、加害者なのに自らの過失を認める言葉は無く、被害者への言葉もありません。

そのスタンスに対し、一般の読者は、厳しい指摘をしています。

そう、謝罪しないと、さらに印象が悪くなる。そんな実例のように思えてなりません。

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

追記、

例えば事故形態が私の認識と異なりトラック側が第一当事者であった場合でも、過失割合が0%ではない以上、自らの過失への言及やドライバーをはじめとするトラック関係者への謝罪の言葉があってしかるべき場面だと思います。それが、スマートな対応ではないでしょうか?

 

EXILE HIRO、MAKIDAIらの事故と公演中止を謝罪「再発防止に全社をあげて取り組む」

オリコン 12/24(土) 18:12配信

人気グループEXILEのMAKIDAI(41)らが乗った車が24日未明、北海道内で接触事故に遭い、MAKIDAIが所属するPKCZ(R)のメンバーら7名が病院に搬送された件で、同日、所属事務所社長のEXILE HIROはEXILE TRIBEの公式サイトでコメントを発表。事故でPKCZ(R)が出演予定だった24・25日の三代目 J Soul Brothers札幌公演が中止となったことを謝罪するとともに「本人たちは何よりも今回のライブが中止になってしまったことを心より申し訳なく思い悔やんでおります。彼らのライブへ対する気持ち、ファンの皆様への気持ちをご理解していただければ幸いです」と呼びかけた。

 HIROは『三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2016-2017 “METROPOLIZ”札幌公演を楽しみにお待ちいただいていたファンの皆様へ』と題したエントリーで「昨夜、PKCZ(R)メンバー移動時の交通事故の影響により、苦渋の決断ではありましたが、三代目J Soul Brothersのライブを中止させていただきましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

 続けて「事故により負傷したメンバー、スタッフの病院での検査・治療も終え、全員、命には別条はなく、DJ DARUMA、同乗していたスタッフ3名、運転手の方は大事には至っておりません。MAKIDAI、VERBALにつきましては、復帰するようになるまでには少し時間を要する状況ではあります」とMAKIDAIら被害者の容態について説明した。

 「そのような状態にも関わらず、本人たちは何よりも今回のライブが中止になってしまったことを心より申し訳なく思い悔やんでおります。そんな彼らのライブへ対する気持ち、ファンの皆様への気持ちをご理解していただければ幸いです」と、PKCZ(R)メンバーたちへの理解を求めるとともに「僕自身も彼らが一日でも早く回復し復帰できるように彼らをサポートし最善を尽くしていきたいと思います」と語った。

  また、「今回の事故を踏まえ、二度とこのような悲しい出来事が起きないよう、移動手段、スケジュールを徹底的に見直し再発防止に全社をあげて取り組んでいきます」と掲げ「最後に、今回の札幌公演を楽しみにお待ちいただいた多くの三代目J Soul Brothersファンの皆様のためにも、札幌での振替公演を実施するべく最善を尽くしていきたいと考えております」とファンに呼びかけている。

 MAKIDAIらは北海道地方の悪天候により函館から札幌へ陸路で移動していた途中、事故に遭遇。所属事務所は、MAKIDAIがろっ骨を折るなど7名が重軽傷で病院に搬送されたが、いずれも命に別状はないと説明していた。