読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

怒り💢 何故、発進しようとしている車の右側に二重駐車して進路を塞ごうとするのか?

予約の仕事でやってきた羽田空港国際線ターミナルでお客さんを降ろし終えた後、発進しようとしたら、進路の右側をMKの実車が二重駐車して進路を塞がれ、クラクションを鳴らすも無視。

再びクラクションを鳴らすも、ラチが開かないので少し後退してから発進しました。

 私の進路を塞いだMKの右側を通過した際も、手を挙げて「スミマセン」というポーズを示すでもなく、他車のことは「我関せず」といった感じ…

 

まぁ、これだけでも相当感じ悪いのですが、私この会社との小さなトラブルは結構ある方なので、腹立たしさも倍増でした(笑)

 

先日のこと、国際線ターミナルのタクシー乗り場に降りてくるエスカレーター下付近で、迎車待機をしていたとき、お客さんから「××ですけど、MKさんですか?」と声をかけられたのです。

そのときも、近くにいたMKのドライバーに「MKさんを探している××様です」とそのお客さんを引き継いだつもりだったのですが、そのドライバー、私の前、つまりお客さんの前で「私のお客ではないし」と鼻で笑うような対応をしたのに驚いたことがあります。

 

少なくとも他社のドライバーから、自社の車を探しているお客さんを引きづかれたときの対応ではなく、そのお客さんも戸惑いを隠せないでいたのです。

幸いなことに直ぐにそのお客さんの車が見つかって、その担当のドライバーがそのお客さんの応対をしてくれたので、良かったのですが、この様な他社のことには「我関せず」という姿勢は、きっとこの会社のポリシーのようなものなんだろうと勝手に推測しています。

 

まぁ、どの様なポリシーを持とうとも、他社のドライバーから自社の車を探しているお客さんを引き継いだら、第一声は「ありがとうございます」であったり、そのお客さんに対して「お待たせいたしました」であると思うのですが、その様な常識すら持ちえていないので、今日のような他車の発進妨害のようなことをしても平然としていられるのでしょう…

 

私は、以前にもエントリーしましたが、MKは嫌いです。

 こんなことがあるから、益々嫌い度は増しますね(笑)

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ