読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

不調になると、行動範囲が狭くなる(笑)

タクシーで稼ぐということ タクシードライバーという仕事

年明けてから迷走をしているのですが、迷走しだすと行動範囲(流す範囲)がとたんに狭くなります(笑)

どうしても、お客さんを降ろした後に、どっちの方向を向いていたとしても、得意エリアに鼻先を向けるし、その得意エリアの中でも「この時間なら、あの場所で付け待ち」といった考えがよぎるようになります。

 

「売上を作る」ことと「空車時間を短くする」ことは、ほぼ同義なので、本来ならこの方法は非効率的なのですが、「乗せられない」「乗ってくれない」「嫌な思いはしたくない」などと考えると、安全策をとるようになってしまいます。

 

そうすると「不調の原因は、心の問題」という結論に至るし、自分でもこうやって記しているくらいなので、よく理解をしているつもりなのですが、実際にハンドルを握ると「負の思考」に支配されてしまうようになります。

 

1月の年明けは、例年暇です(笑)

だから、考えすぎるのも良く無いのですが、昨年などのデータを見ると「暇なりに頑張っていた」から、余計そう感じるのかもしれません。

 

そういえば…

以前勤めていた会社では、ずっと日報のコピーをして、それを曜日別に分けて、クリアファイルに入れて持ち歩いていたのですが、今の会社に移ったときに止めました。

その代わり、自分の必要なデータ(例えば、何時に何回でいくらとか、付け待ちの大体の待ち時間と行き先とか、その日の全体的な印象とか)をノートに書き込み、それを今年の分と昨年の分持ち歩くようにしました。

 

昨年との大きな違いは、羽田空港の待ち時間(笑)。 

つまり、不調の原因に占める羽田空港のフライトスケジュール変更の影響が、想像以上に大きく、それ故に出口をなかなか見つけられていないので、困ったものだと思ったりしているます。

 

確実性の高い漁場を探すしか無いのですが…

リスクは取りたくないし…

逡巡は続きます…

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ