読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

付け待ちで短距離のお客さんだと「露骨に嫌な顔」するんですか?

タクシードライバーという仕事

良く、タクシー関連の記事を読むと、「駅付け」で随分待ったのに「ワンメーター」でがっかりしたとか、運転手に「嫌な顔」されたとか…

そんなステレオタイプの記事を読むことがあるのですが、どうなのでしょう?

 

私は、その乗り場の平均的な期待値と待ち時間のバランスで考えていることが多いので、ホテルやら駅やら空港に付けていても、平均値を下回れば「がっかり」は多少していますが、「次がある」と思っているので、あまりお客さんの「短い、長い」で一喜一憂することは少ないと思っています…

 

これは、経験値が高いからそうなったのではなくて、新人のころは、夜は銀座ばかりでしたから、いわゆる「当たり・外れ」は多数経験していたし、そのころからそう考えていました。

要は「外れ」が嫌なら並ばなきゃ良いんだし…

 

そして、ホテルや空港などで塩漬けになっているときに考えているのは「ワンメーターでも良いから出してくれ」ってことだし…

 

1/28のお仕事でも、羽田空港発のお仕事を2つしたのですが、2つともいわゆる「外れ」に当たお仕事でした。

特に、「平均値から見てソロソロ長いお客さんが来るはず」と期待していただけに、ダメージが無かったかと言えばウソになります。

でも、平均値と待ち時間のバランスが悪くなっていることは嘆いても、それはお客さんには関係ないし…

 

たぶんね…

2時間くらい乗せられずに塩漬けや、流していてウロウロしていたときに乗せられたお客さんが、ワンメーターだったときに、「ワンメーターかよ!」って怒るよりも「乗せられて良かった」と感じられる人の方が、この仕事から受けるストレスは小さいと思いますし、結果としてこの仕事を長くできるんじゃないかと思ったりしています。

 

新人の頃は、夜は銀座ばかりだったと書きましたが、それを止めたのは待ち時間が長くなりすぎて、期待値とのバランスが保てなくなったから…

そして、それと同様のことが今、羽田空港で起きていて、とても迷走しているのはブログにも記している通りです。

 

因みに、バスタの平均値というか期待値は1000円くらい。

所詮駅付けなので、回転が良ければ行き先は何処でも良いんです。

某ホテルだと1500円くらい。

これも、時々ある当たりを引ければラッキーだけど、それ以外はこんなもの。

それも、ワンメーターも多数あるから、それを込みにしてもこんなものです。

 

羽田の期待値は6000円くらい。

統計的にもこれくらいは期待しても良いと思っています。

 

某公共放送は、5000円くらい。

夜の銀座は、4000円くらい。

だから、流れている時にしか行けないのです。

 

さて、ワンメーターや短いお客さんで嫌な顔をするドライバーは、何処に付けていてそんな顔をするんでしょうか?

駅ならワンメーターは当たり前だし、ホテルもそう。

まぐれで引いたロングのお客さんの影をいつも引きずっているとしたら、それこそお客さんに対して迷惑な話だと思います。

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ