読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

【2/2の乗務日誌】 羽田が流れず、銀座では乗ってくれず、途方に暮れた一日でした(^^ゞ

乗務日誌

2017/2/2(木)の乗務日誌

売り上げ  ◎◎◎◎◎○

営業回数        12回

最高売上  青山~船橋市 16,000円くらい(経由あり)

逆乗車拒否 5回

 

2月はタクシーにとっての閑散期なのでしょうか?

感じ方は人それぞれだと思いますが、少なくとも私は2月がタクシーの閑散期と感じたことは無いですし、過去のデータもそれを示していません。

いわゆる、「ニッパチ」が閑散期という表現は、日数の少ない2月とお盆を挟む8月とが、月間売上で見たときに厳しい月となるからそう言われているのだと思っているのですが、それをそのままタクシーに当てはめるのは無理がありそうな…

ただ、少なくとも羽田空港を利用するお客さんの数は激減していて、春節なのに閑散期の様相を呈しているのは不気味です…

 

さて、この日も最近の傾向どおり、羽田空港が流れず、夜の銀座で逆乗車拒否に遭って売り上げが伸ばせずといった一日になってしまいました(^^ゞ

 

早々に羽田空港に行ったので、国際線ターミナルに並びました。

18時50分くらいから並んだので、20時半くらいには乗せられるはずだったのですが、タクシープールのワゴンレーンもいっぱいで、なんだかんだとお乗せしたのは、21時半前(^^ゞ

155分待ちは長すぎです!

行き先は舞浜だったので、少し助かりました。

 

帰りは銀座を目指しながらの空車営業。

結局乗せられずに、銀座の乗り場に並びました。

でも、流れが良くないのは仕方ないのでしょうか?

このまま2回のお仕事、15で日付を越えてしまいました。

 

銀座は赤坂で、気を取り直して頑張ります。

そして、巡り会えたお客さんが本日の最高売上のお客さん。

売上的にもとても助かりました(^_^)

 

そして、帰りは宝町で首都高を降りて、日本橋から銀座あたりを這い蹲って流しますが、人影も少なく、たまに現れるお客さんも後ろの車に手を挙げてしまい、時間ばかりが経過していきます(^^ゞ

このエリアを諦め、赤坂から青山あたりに移動しますが、あまり流れは変わらないままの展開が続きました。

 

深夜帯のラストは、青山から糀谷。

そのまま羽田空港に並んだのが、4時50分の少し前でした。

お乗せしたのは7時半前。

165分待ちでした(^^ゞ

これが銀座で、その後はホテル付けと流しの繰り返し。

どのホテルも、3桁のお客さんばかりで、売上を伸ばせないままにタイムアップでした…

 

昨年の同時期と比べても、また先週の木曜日と比べても、羽田の待ち時間は長すぎで、ホント途方に暮れた一日でした(^^ゞ

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ