読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

人買いとタクシーブログ タクシードライバーの稼ぎ方 例外編(笑)

タクシーで稼ぐということ

このカテゴリーへのエントリー、とても久しぶりなのですが、本日は相当な変化球です。

タクシードライバーがタクシーの売上以外で稼ぐ方法についてのお話です。

 

私が所属している会社でも時どきやっていると思うのですが、ドライバーを紹介してくれたら○十万円差し上げます、といったキャンペーンを行っている会社は多いと思います。

そして、この制度を利用した、いわゆる「人買い」で財を成したドライバーの顔が、一人や二人浮かぶのもこの制度の特徴でしょうか?

そして、人集めの営業ツールとして「タクシーブログ」は強力な武器となる場合が多いようです。

 

私はその様な趣旨でブログを記したことは無いのですが、そんなブログであっても、様々な相談ごとが寄せられ、タクシードライバーに転職した人が数名いました。

私は、紹介者としての責任のようなものを負いたくなかったので、そのタクシードライバーになった人達は当時私の勤めていた会社とは別の会社に就職し、それらの紹介料を受け取ることは無かったのです。

しかし、自社に紹介していればある程度の紹介料は入っていました。

 

他の人のブログがこの様なツールとしての重きを置いているものなのか?それとも別のことを主眼においているものなのか?は良く分かりませんし、それ自体の良し悪しは人それぞれの判断だと思いますので、ここでは、そういう方法もあるということを紹介するに留めたいと思います。

 

ただ、ブログが「人買い」営業ツールだった場合、そこに記されていることのが本当のことなのかどうか疑ってかからないとならないと思います。

だって、人一人紹介すれば、会社によっては一ヶ月の給与と変わらないくらいの額を支給してくれるところもあるのです。

そしたら、多少の脚色もするし、転職後のフォローくらい約束するでしょう。

 

この仕事、転職するのはとても簡単な業種です。

しかし、幾度か記しているように、続けるのはなかなか難しい仕事だったりしています。

人の出入りが激しいから、慢性的な人手不足に陥り、人を紹介してくれれば○十万円なんてキャンペーンが行われたりしているのですが…

「楽に稼げる」とか「何十万円の手取りは楽勝」とか、そんな100%のウソではないけど、かなりの脚色で彩られたブログを展開すれば、一月に一人くらいは引っかかってくれるのかもしれません(笑)

紹介料が目当てなのだから、その人がその後どうなるか?なんて知ったことではないですよね…

その意味でも、こういうのが「人買い」と名づけられているのは意味深いと思います。

 

さて、その様な「人買い」用の営業ツールではなくとも、タクシーブログが飯の種に成ることはいくつかあるようです。

これは、あの元カリスマさんの辿った道でもあります。

 

確率は低いですが、ブログの書籍化。

自身がカリスマドライバーを名乗り、タクシーのコンサルティングという名目の営業指導を行う。

同じく、タクシー転職サイトの営業指導コンサルタンを行う…

これらの道が拓けることもあるようです。

 

因みに、私は稼げる系のブログを記せませんでしたが、そんな私でも雑誌などの媒体のインタビューや記事作成の協力を依頼されたことがありました。

その意味では、「人買い」ツールでなくても、「稼げる系・コンサルティング」ツールではなくても情報発信は何かに引っかかることはあるようです。

 

そして、ブログだとアフィリエイトですか…

これは色々と試してみたのですが、ある程度のラインを維持するのはとても大変だった(笑)とだけ記しておきましょう。

上手い方法があれば、教えて欲しいくらいです(笑)

例えば、タクシー転職サイトのアフィリエイトをブログに貼ったこともありますが、そのサイトで紹介されているタクシー会社に良くない会社が含まれていると、その転職サイトを積極的に推せないのです(笑)

 

さて、タクシーブログの読者って、同業者かタクシー業界に転職しようとしている人かがほとんどだと思います。

特に転職を考えている皆様は、「人買い」ブログにはお気をつけください(笑)。

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ