読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

【2/7の乗務日誌】 この日の運転はとても怖かった(><)

乗務日誌

2017/2/7(火)の乗務日誌

売り上げ  ◎◎◎◎○

営業回数        21回

最高売上  羽田空港~六本木 8,000円くらい

逆乗車拒否 9回

 

この日は、朝から激しい夫婦喧嘩をやらかしました(笑)

会社に着いた頃には、表面上は冷静さを取り戻していたけれど、無意識下では冷静に戻っていなかったのでしょう。

出庫して直ぐに、自身の運転が「変」だということに気付きました💦

具体的に書くと、察知する力がワンテンポ遅いという感じ…

だから、この日の運転はいつも以上に冷静に、そして標識などの確認は無意識下で漫然と行わないように注意しながらの運転となりました。

 

自分がそんな状態であるのに、周りのタクシーは私以上に殺気立って運転していてとても怖かったです。

まずは、出庫して比較的早い時間帯の西麻布、狭い道だったのですが、お客さんを降ろそうと左にかなり寄せて清算をしていたら、後方の個人タクシーが通れないとクラクションを激しく鳴らしてきます。

そこは普通にすれ違いができる道路なので、後ろの個人タクシーが下手くそなのですが、あまりにもクラクションが激しいので、少し広いところに移動して清算を再開。

後ろの個人タクシーは、当然のように追い越して行こうとしますが、対向車の確認を怠り、私の真右で危うく正面衝突になりそうでした。

やっぱり、この個人タクシーは下手クソでした(笑)

 

深夜は、真右にいた空車の東京無線がいきなりウインカーを点灯させて左(つまり私の方)に幅寄せ。

クラクションを鳴らし、相手の運転手も私の存在に気付いたようですが、左側への進路変更は止めません。

「フザケルな」と思いましたが、私がブレーキを踏んでそのバカ東京無線に進路を譲ります。

 

また、別の場所では、停止していた空車のチェッカーがハザードを点灯させたまま、いきなり発進。

結果的に私の進路は塞がれ急ブレーキを踏む羽目に…

 

別の場所では、空車の日本交通やkmが空車の私の前に入りたいと強引な車線変更を数え切れないほど…

工事で一車線無くなる場所でも、強引に私の前に入りたいと突っ込んでくる空車の個人タクシーなどなど…

 

この日はお客さんが少なく、他の車はイライラが運転にも表れていてとても怖い一日でした。

私は、自身の状態が万全ではなかったのに加え、周りのタクシーの殺気に慄き(笑)、そのイライラの渦に巻き込まれないよう、注意をしながら一日を過ごしておりました。

 

お仕事は…

22時半に羽田空港にお迎えに行ったお客さんが結果としてこの日の最高売上になり、19で日付を越えました。

しかし、深夜は乗せらず、28で朝の羽田へ。

この日は、乗ってくれないお客さんも、いつも以上に多かったですね💦

 

その羽田空港は100分弱の待ち時間で、都心に戻った時は、敗戦処理を考えておりました💧

朝も逆乗車拒否に遭いながらも、何とか込みの45(^^;;

今日は、事故を起こさない、もらわない事だけでしたね💦

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ