1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

3.11 祈り

その日、その時間に何をしていたのか?

様々な記憶が錯綜し、曖昧さを増している自分の脳ですが、その日、その時間に何をしていたのか明確に記憶されている瞬間がいくつかあります。

 

それは、1.17であり、3.11であり、4.14であり、9.11であり…

人が災いをもたらした9.11は別にしても、震災に見舞われた日は、明確な記憶が刻まれています。

 

ミクロで語ると、あの日は東京都心の交通が麻痺し、通勤難民が大量にあふれた日でした。

私も仕事明けで、電車待ちのホームで揺れを感じてから帰宅できるまでに数時間を要し、そして帰宅してから見た震災と津波のニュースで、震災の大きさに心が痛み…

 

被災された皆様に、そしてその地域に対して自分ができたこと、してきたことはとても、とても小さなものでしかなかったと思います。

そして、たぶんそれはこれからも変わらないと思います。

でも、その日、その瞬間の記憶は風化させずに、そして錯綜もさせずに留めています。

 

そして、今日は鎮魂の祈りを捧げたいと思います。

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告を非表示にする