読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

業界の「隠語」と呼ばれているものを、業界の人間は知らない(笑)

ときどき、業界の「隠語」を面白おかしく紹介する記事を目にします。

これから紹介する記事を書いた後藤豊さん、ドライバー兼業のフリーライターとありますが他の記事でも話を盛って大げさに書いていたのですが、この記事でもそう…

この業界に10年以上いる私も、私よりもベテランの嫁も知らない「隠語」が新たに紹介されていました(笑)

 

ところで…

記事の最初にある写真、「新葛飾橋 金町から東京方面 感度8です」との文字が写っている写真ですが、たぶん日本交通で使っているタブレットだと思われます。

さらに「感度8です」という表現も私は初見(笑)だったこともあり、記事で紹介されている「隠語」は主に日本交通で使われているものなのかな?と思いながら私はこの記事を読みました。(違ったらゴメンナサイ^^;)

 

いずれにしても、業界人の知らない「隠語」が半分くらい(笑)。この記事は文字通り話半分で読むのが良さそうな記事です。

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

近距離客は「ゴミ」…タクシー運転手の隠語が秀逸!「大きな忘れ物」は?

Business Journal 4.11 配信

「〇×ゼロ番地、入れるお車ありませんか?」
 タクシーに乗車中、こんな無線が聞こえてくることがある。私たちドライバーはわかる場所だが、乗客にはどこのことかわからないはずだ。

 あるとき、「運転手さん、ゼロ番地ってどこですか?」と聞かれた。

「どこだと思います?」

「わからない。住所にゼロってないよね?」

「はい。特別なところです」

「わかった。警察署でしょ」と言われたが、そうではない。

 火葬場である。

「あの世には番地がない」「霊(=0)からきている」など諸説あるが、いずれにせよ「火葬場」と耳にしていい気分になる人はいないため、無線係は隠語を駆使するわけだ。

 かくいう私も、新人時代は意味がわからなかった。「飛び地のこと?」などと想像したが、先輩ドライバーに聞いて「なるほど」と納得したのを覚えている。

 

近距離客は「ゴミ」、ヤクザは「トエンティー」

 このように、タクシー業界には多くの隠語がある。乗務を終えたドライバーのセリフの一例を挙げてみよう。

「今日は足切りに足りなそうで、ブッコミ覚悟でイッパツを狙ったんだよ。青タンだったけど、ハナ番なので我慢してね。ゴミだったらイヤだな、と思ってたらトエンティーが乗ってきて、なんとオバケだったよ。ロクまで出て助かったー」

 この会話、翻訳すると次のようになる。

「今日は売り上げが上がらないので、近距離客を引いたら自腹納金するつもりで、長距離客狙いの付け待ちをしたんだ。深夜の割増時間帯だったけれど、順番待ちの先頭なので離れずに我慢してね。近距離客だったらイヤだな、と思っていたところ、ヤクザ風の男が乗ってきて、超長距離客だった。おかげでノルマに達して、しかもチップまでもらえて助かったよ」

 各語の解説は、以下の通りだ。

足切り…ノルマ
・ブッコミ…自腹納金
・イッパツ…長距離客狙いの付け待ち
・青タン…深夜割増料金
・ハナ番…客待ちの先頭
・ゴミ…近距離客
・トエンティー…ヤクザ風の男(8+9+3=20からきている)
・オバケ…思いもよらぬ長距離客(運転手にもよるが、私は2万円以上の乗客をオバケとしている)
・ロク…チップ(余禄からきている)

 

絶対乗せたくない「カバンの忘れ物」とは?
 では、隠語を用いた無線連絡の例を記すので、意味を考えてみてほしい。

「JR錦糸町駅、赤ランプです」

 これは、「駅のタクシー乗り場が客であふれ、タクシーがいない」という合図だ。当然ながら、付近を走るタクシーは駅に車を向けるが、駅に向かう途中が「魚群」(街中に客があふれている状態)の場合、途中で「キャッチ」(流し営業で客につかまること)されると駅の乗り場に入れなくなる。そして、魚群もほとんどは「ハズレ」(思ったほど長距離ではない客。深夜ならおおむね1500円以下)である。

 

「311(無線番号)、お座敷です。営業所有線願います」

 これは、無線番号「311」のドライバーが運行管理者から「会社に電話(有線)をせよ」と呼び出されるケースだ。花柳界で「お座敷」といえば、芸者さんに「仕事が入ったよ」という意味で使われているが、タクシー業界では、ほとんどが注意やお叱りである。乗客からクレームが入った場合、身に覚えのある運転手は嫌々連絡することとなる。

「青梅街道下り・中野付近、感度不良です」

 勘のいい人ならおわかりかもしれないが、正解は「ネズミ捕り」(警察の取り締まり)である。タクシー無線は電波法で輸送情報以外の伝達を禁じているため、こうした隠語を駆使しているわけだ。「落下物注意」などの隠語を用いる会社もあり、ネズミ捕りを目撃したドライバーが無線連絡する場合、「電線工事中」などとすることもある。

「品川区東品川で大きな忘れ物がありました」

 これは、「付近で重大事件があり、犯人が逃走中」という意味で使われる。

 タクシーはさまざまな場所を走るだけに、事件の犯人を見かける確率も高く、「不審な人物を見かけたら協力してほしい」という要請である。

 これに対して、「カバンの忘れ物、ありました」と返答したら、「犯人らしきあやしい人物を乗せています」というコールサインとなる。

 我が身に危険が迫った場合、ドライバーは手元のスイッチを押して行燈を赤く点滅させる。もし、行燈が点滅しているタクシーが走っていたら、運転手が危険な状況にあるか、ひざなどが当たって間違えて点滅させたかのどちらかだ。

 めったにないケースだが、「大きな忘れ物にはかかわりたくない」と、ほとんどのドライバーが思っている。もちろん、私もだ。
(文=後藤豊/ライター兼タクシードライバー