読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

交差点付近でお客さんを降ろしていたら、近くの交番からお巡りさんが近づいてきた!?!?

チキンな性格の私です。今回の内容も多少デフォルメしてお届けします。

本文をお読みいただいて、法律違反だ!あるいはマナー違反だ!と思われたとしたら、私の文章力の拙さによるものとご容赦いただければ幸いです。

 

お読みいただいている皆様は既にご存知の方も多いと思いますが、念のため記します。

厳密に記せば、交差点付近は人の乗降も含めて駐停車禁止場所です。

そうは記しても、多くのタクシーは交差点付近でお客さんの乗降を行っており、この道交法の規定への遵法意識は格段に低いのは悲しい現実です。

その一方で、駐停車禁止の違反は、ドライバーが乗っている乗っていないに関わらず、タクシー会社的には重大な道交法違反行為です。

いくつかある相互通報対象違反行為にあたり、警察から国土交通省へ違反内容が通告されます。

それらが累積すると、タクシー会社は国土交通省からのペナルティ対象となり、ヒドイ場合は車両停止などの処分を受ける可能性があります。

それ故に、ドライバーの意識が高い低いは別にして、駐停車違反はドライバー的には許されない違反行為の1つなのです。

このことを前提としてお読みください。

 

先日のことです。

足の悪いお客さん(障がい者割引対象のお客さんでした)を乗せていたら、交差点の先の横断歩道付近で停めて欲しいと言われました。

私は、横断歩道に車がかからないように、そして歩行者や自転車迷惑がかからないようにと、お客さんのリクエストよりも少し前に停めて清算を始めました。

そしたら、その交差点にあった交番からお巡りさんがおもむろに近づいてきたのです。

 

私は、直感的にヤバいと思いました(・・;)

お客さんも同じ思いだったようで「お巡りさんが来たから早く降りなきゃ」と言っています。

私は「もし、お巡りさんに何か言われたら、その手帳をお巡りさんに見せていただけませんか?」と一縷の望みを掛けるようにお客さんに頼みました。

お客さんは、困惑していたようですが、「分かりました」と言ってくださいました。

そのお巡りさんは、私がお客さんの清算をしているのを確認すると、清算が終わるのを待つように交番と私の車の間を行ったり来たりしています。

 

やがて、お客さんは降りて行き、足が悪いとは思えないほどの足取りで横断歩道を反対側に渡って行きます。

「横断歩道で停めて」とは言ったけど、揉め事に巻き込まれるのはゴメンというオーラをその背中から感じました…

私は、半ば恨めしそうにお客さんの背中を見送りながら、お巡りさんを見ると、丁度私に背を向けています。

「今がチャンス!」と思い、発進のウインカーを出し、ハンドルを右に切ろうとしました。

そしたら「ちょっと待って」とお巡りさんから声をかけられたのです。

 

絶体絶命です(笑)

もう逃げられません、この状態でも逃げるというドライバーが同僚にいますが、私は蛇に睨まれたカエルのように、その場で動けなくなりました…

「運転手さん、この車は何人乗りなの?」

今降りたお客さんは1人です。定員オーバーの話では無さそうです…

「6人ですけど…」

「英語はできる?」

なんだか話の方向が見えません…

「少しでしたら…」

「あの外国人さんたち乗せてあげてくれないかな?5人で荷物も多いんだけど」

 

どうやら、大きなタクシーを探していた外国人旅行者がたまたま交番に行って、その目の前で私がたまたまお客さんを降ろしていたようで、前のお客さんの清算が終わるのを待っていたようなのです。

 

とてもビックリしました…

そして、交差点から少し前に停めたことで、道交法違反でも無かったようです…

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

「タクシーの相乗り」実証実験開始らしいですが…

タクシーの相乗り制度の実証実験が国土交通省主導で始まるようです。

初乗り運賃切り下げの実証実験のときと同じく、結論ありきの実証実験になるでしょうから、その後相乗りが制度として導入されることはほぼ確実です(笑)

 

ところで「タクシーの相乗り」ですが、既にお客さん同士の相乗りアプリが数年前にリリースされているのですが、定着していないようです。

利用者が絶対的に少ないのも理由のひとつでしょうが、お客さんの都心部ではお客さんのマッチングに以外と時間がかかり、その間に目の前にいるタクシーに乗り込んだ方が早いから、という話を聞いたことがあります。

また、料金の割り振りが上手くいかない場合が多いとも聞きます。

 

今回は、タクシー会社のアプリで相乗りを主導するのでマッチング率は高くなると思いますが、どうなのでしょうか?

厳密に同じ地点発の同じ場所行きのお客さんを探すのではなく、近くの地点発近くの地点行きのお客さんを探すのでしょうから、料金の割り振りなどが上手くいかないと、お客さん同士の不満が高まることになりそうです。

その意味でも、この仕組みが役立つのは、羽田空港とか東京駅などではないでしょうか?

特に羽田空港などは同一方向に進行するお客さんは多いので、威力を発揮しそうにも思えます。

 

それでも…

例えば、羽田空港発で港区内のホテル2箇所の「相乗り」の場合、料金はどう割り振るのでしょうか?

もっと具体的に記せば、羽田発でリッツカールトンとグランドハイアットの相乗りの場合、料金はどう割り振るのでしょう?どっちに先に寄るのでしょう?

このあたりの問題を仕組みの中で解決しないと、相乗りの浸透は難しそうに感じます。

 

さらに…

以前にも触れましたが、羽田空港は、国内線ターミナルも、国際線ターミナルにも迎車タクシーの待つスペースはありません。東京駅も同様です。

足元のインフラが脆弱という話は、幾度か触れてきましたが、ここでもその脆弱さが心配な結果になりそうです。

 

Uberを目の敵にして、Uberでやっているから始める(笑)

そんなタクシーの相乗りですが、私は今のところどっちでも良いです。

ただ、先ほど記した料金の割り振りなどの仕組みを支える根幹部分がちゃんとしていて欲しいと願うばかりです。

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

追記

先ほどのリッツカールトンとグランドハイアットの例で考えれば、計算上求められる運賃の6割ずつを負担してもらうのが現実的なような気もするのですが、これだとタクシー会社が得をしすぎているようにも感じますし…難しいですね。

(5割ずつの負担だと、タクシードライバーが確実に損をするので、その様な配車を受けたがらないでしょうし…)

 

でも、これも行き先が比較的近いから成り立つのですが、例えば六本木発の渋谷と二子玉川のマッチングだと負担割合は変わってくるでしょうし…

この割り勘はとても難しいですよ…

【4/18の乗務日誌】 閑散期のお仕事方法…

2017/4/18(火)の乗務日誌

売り上げ  ◎◎◎◎◎

営業回数        14回

最高売上  要町~東大宮 14,000円くらい

逆乗車拒否 12回

 

こちらに、羽田空港国際線ターミナルが閑散期に入りました。とエントリーしましたが、GWを挟むこの月度はタクシードライバー的には最も暇だし、最も稼ぎが悪い時期なのです。

毎年、どうやって乗り切っているのだろか?と思うくらいに、売り上げは落ち込むし、お客さんは少ないし…

タクシーがビジネスユースで成り立っていることを改めて感じる季節です。

 

さらに、この季節は外を歩いていても気持ちよいし(笑)

一駅くらいならタクシーに乗るより歩くか!となることが多いので、気候の良いこの季節は嫌いです(笑)。

 

この日も、乗ってくれなかったなぁ…

都心で手が挙がらないと、ついつい羽田に行ってしまうのは仕方ないとしても、それも90分待ちで渋谷区定額。

待ち時間とのバランスを考えると、このあたりが限界でしょうか?

羽田を出たのが21時くらいだったのですが、既に空車の列は環八まで伸びていました。

短ければもう一回と思うところなのですが、それは難しそうなのでパス…

でも、会社に帰ってきてから聞いたら、23時位に流れが良くて待ち時間1時間くらいだったというから、分からないものです。

 

この後は、少し踏ん張って0時で22kとペースを持ち直したのですが、少し疲れが溜まっていたようでダウン…

30分だけ寝ようと思ったら、23時から翌1時までしっかり2時間の仮眠になりました(・・;)

 

この後、要町から東大宮ってお客さんがいなかったらどうなっていたことか…

 

朝は、羽田行きのお客さんを送って、一時間国際線で待ってお台場まで…

もう一回と思いながらウロウロして、5つの税金をクリアしたところでタイムアップ。

 

さて、去年のGWはどうやって乗り切っていたのか?

手帳をひっくり返して、イメージトレーニングをしなければ…

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

低迷市場への参入…

シェアリングエコノミーについて、面白い記事が掲載されていました。

ガラパゴス化する日本のシェアビジネスで「一人勝ち」のサービスとは AirbnbもUberも苦戦中だが…

Yahooニュース 現代ビジネス

 

一部引用します…

 エアビーと並んで世界でもっとも有名なシェアリング・エコノミー企業のひとつであるウーバーも日本ではかなり苦戦している。全世界でタクシーやハイヤーの配車サービスを提供しているウーバーは2014年から日本に進出しているが、事業は思うように展開できていない。

 日本では消費の低迷が長期化しており、タクシー業界そのものが極めて厳しい経営環境に置かれている。拡大市場であれば、割安なサービスや付加価値のある新サービスが登場する余地があるが、低迷市場に新規参入することは、それ自体に困難を伴う。

 しかも、タクシー業界はウーバーの進出に対してかなり露骨なロビー活動を展開しており、ウーバー側はこれに苦慮してきた。

 

 ウーバーに続いて民泊も頭打ちということになると、海外発のシェアリング・エコノミーは日本ではことごとく失敗ということになる。

拙ブログでも何度も記していますが、シェアリングエコノミーは、市場が拡大しているときや新しい仕組みが市場を創造するときでなければ、そもそも成立しないビジネスモデルです。

 

例えば、市場が低迷しているタクシー産業にUberが参入しても市場は拡大しないでしょう…

それどころか、Uberについて各国で発生している様々な問題がより大きくなって発生することは容易に想像がつきます。

 

市場が混乱したときに、迷惑を受けるのが私たちドライバーだけであれば、さほと問題は無いのかもしれません。

しかし、規制緩和で見たように、慢性的な空車渋滞や事故の多発、過労運転の増加など、お客さんの生命に関わる問題に留まらず、タクシーを利用しない人々を巻き込んだ社会問題が再発する可能性があるから、私はUber等のライドシェアに反対しているのです。

 

もっと記せば、Uberの運営会社はこれらの発生することが予見される社会問題には責任を取りません。

彼らが欲しいのは、タクシー市場の数パーセントだけ…

市場が低迷していても、簡単に参入できると思っている彼らからすれば、魅力的な市場なのでしょう。

 

だから岩盤規制を打ち破るなどと、聞こえの良い言葉を使っているのですが、元をただせば、市場創造すらできない(しない)わけですから、迷惑この上ありません。

 

Uber等の魅力は、ドライバーを評価できること。らしいのですが、拙ブログでも既に触れている通り「無線などの配車時」では、タクシーでも既にその取り組みは行われています。

あと、彼らにプラスがあるとすれば価格訴求力なのでしょうが、競争が強化された市場では、乗客の安全を守りきれるのか?疑問でなりません。

 

つまり、彼らには何も無い(笑)のです。

 

いずれにしても、低迷市場に新しい風が入っても、タクシーの輸送人員は、それが理由では増えません(笑)。それだけは、はっきりしています。

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

羽田空港国際線ターミナルは閑散期に入ったようです(><)

乗務日誌で記そうかと思ったのですが、別立てにしました。

 

タイトル通りです(涙)

空車の待ち時間が先週末あたりから長くなってきています。

そして、日曜日のお仕事で疑いが深まり、火曜日のお仕事で確信に変わりました…

 

それでも、まだ流れの良い時間があるようなので、その時間をピンポイントで狙う戦略を立てなければならないかもしれません…

(ギャンブル性が高いので、悩みますが…)

 

次の繁忙期は、GWでしょうか…

でも、GWは街中が暇なので、羽田に集まってくる空車も多いでしょうし…

 

色々作戦を考えなければなりませんね…

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ