読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

自動運転車の普及を妨げる要因

世の中のことを少し

2020年の東京五輪までに自動運転のタクシーを走らせたい、こんなことを今の首相が言っていた記憶もあるのですが、私、自動運転車の普及には懐疑的です。

その一番の理由は、ドライバーや歩行者、自転車などの道路交通法に対する遵法意識の低さにあります。

 

さて、想像してみてください。

首都高速、制限速度が60km/hのところでピッタリ60km/hで走っている車がいたらどうでしょう?

信号が青から黄に変わったとたん、停止する車がいたらどうでしょう?

20km/h制限の住宅地を、20km/hで走る車がいたらどうでしょう?

 

周りのドライバーからは、邪魔もの扱いされることは目に見えています。

そして、一般の車両と自動運転車両が混在する状況を想像すると、更なる混乱を生むのは明らかです。

さらに、自動運転車両に乗る側も、60km/hの道路を60km/hで走ることを求めているとは到底思えません。

 

自動運転車両の普及を妨げる要因。

それは、道路交通法への遵法意識の低さだと思っています。

 

ちなみに

自動運転車両がタクシーに導入された場合、交差点の前後やレッドゾーンなどでの乗降は不可能になります(道路交通法違反)。

そんなものが求められているとは思えません。

 

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ