読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

年間休日、233日と記す厚顔

タクシーに関する様々なエントリーをしていると、web上に表れる広告もタクシー関連のものが増えてきます。

その中で、あまりにもヒドイと思ったものにリンクします。

 

hinomaru.tokyo

 

突っ込みどころ満載ですよね(笑)

明休って何ですか?それと公休を足したら233日休みって、計算そのものがおかしくないですか?

 

明休という表現、私この業界に10年と少しいますが、初めて聞きました。

また、私が最初にお世話になった会社では、明けは休みではない!と強調しており、翌日が乗務の場合それに備えるようにしなさい!と口酸っぱく言われておりました。

さらに、現在お世話になっている会社でも点呼時に、最近風邪が流行っていることから、明けのすごし方に注意するように!という話は毎回のように出ています。

 

入社後も「明休」という言葉を使い続け、明は休みであると言い続けるのでしょうか?

たぶん、入社後には明は休みだなんて誰も言ってくれないのではないでしょうか?

だとしたら、ヒドイですよね…

 

日の丸交通に限らず、明けを休みとしてカウントした求人広告が増えています。

しかし、冷静に考えればそんなことが有りえないのは理解できると思うのですが…

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ