読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

ノンスタイル、井上氏の不起訴について

タクシーを取り巻く様々なこと

ノンスタイルの井上氏が、世田谷通りの若林三丁目交差点付近でタクシーを追い越した際に起こした「ひき逃げ」事故は、検察の不起訴処分を受けて、井上氏の謝罪会見が行われました。

 

拙ブログでも幾度か指摘している通り、この事故の焦点は、井上氏が「逃げた」ことではなく、片側一車線の道路で強引に追い越しを図った、ことにあります。

 

想像してみてください。

片側一車線の道路で、後方から強引に運転してきた車が追い越しを図り、追い越しの際に自車に接触した状況を…

そして、その車はそのまま行ってしまったとしたら…

そんな車を、簡単に許せますか?

 

被害者のタクシードライバーは、それでも許したのですから、相当なる慰謝料が支払われたのでしょう。

もちろん、相当なる慰謝料を積まれれば、私も許すと思いますし(笑)

 

さらに、井上氏は、謝罪会見で「当たったかどうかは、分からなかった」と言っているようですが、明確に傷の残る車同士の接触であれば、気づかないことはありえません。

それを気付かないとは、相当自分勝手な解釈だと思いますよ。

気付かなかったにせよ、気付いて逃げたにせよ、井上氏の運転適正はゼロですね。

 

日常的に繰り返していたであろう、強引な運転。

接触しても気付かない鈍感さ、あるいは気付いても逃げる身勝手さ。

刑事罰は不起訴で決着しましたが、井上氏には二度と運転して欲しくないし、もし運転をするならば、路上で遭遇したくも無いと思わせる決着でした。

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ