読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1BOXタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなものです

タクシーの稼ぎ方 番外編の5 テレビ番組とタクシーと…

この仕事を始めて、ある時を境にテレビドラマを良く見るようになりました。

それは、ドラマの中で使われているタクシー会社が何処なのか?制作協力の会社は何処なのか?などをチェックするためです。

 

フジテレビの凋落が激しく、現在の参考にはならないかもしれませんが、あのドラマの撮影は湾岸スタジオだとか、制作会社のA社は何処にあるとか…

撮影期間中に何度か制作スタッフを送れれば、ソコソコの売上になるのす。

そういえば、私の所属する無線グループの話ではないのですが、TMCでの撮影で、その制作スタッフなのか出演者に熱海まで帰る人がいて、誰が行ったの行かないのと数ヶ月盛り上がったなんて話も聞き及びます。

 

また、バラエティ番組も視聴率の良い番組ほど予算を持っているので、帰りのタクシーが豪勢になります(笑)

例えば、あの番組は何曜日にどのスタジオで収録、終わりは何時くらいが多いから、スタジオ周りで休憩を兼ねて待機なんて良くやったものです。

 

平日でも暇な曜日や日曜日に収録があたっているときは、要チェックでした。

ドラマは3ヶ月クールですがバラエティ番組などは長い番組はパターンが決まっているので、こちらの調整も覚えておくと楽でした。

 

また、以前の会社では、早朝のテレビやラジオの番組スタッフの迎えの仕事が数多くあったので、改変期には誰が何時の時間帯に動くなんてよく気にしていたものです。

併せて、スタッフや出演者が何時くらいの迎えになるのか?なんてチェックも数多くしていました。

 

それらのデータを駆使して、何時に誰の迎えが何処であるから、それに行ける様に様々な調整をしていたりしたものです。

結果、今はその番組は無いのですが、早朝の番組に出演していた某女子アナウンサーをほぼ毎出番のように迎えに行ったりしたものでした。

 

お客さんが多い時間帯なら、この様なデータは不要なのでしょうが、たいていそれらの迎えの仕事はエアポケットのような時間帯に数多くあり、助かったものです。

 

たぶん、激アツの情報ってこういうものを指すんじゃないでしょうか?

前回、この項目で「タクシーの稼ぎ方 番外編の4 無線グループを横断した指導って可能なの?」っていうエントリーをしたのは、濃いノウハウとはこういうものという確信があるからで、それを抜きにした情報は薄くなると思っているからです。

そして、これらの情報は無線グループを超えると何の役にも立ちません(笑)

 

もし、この様なメディア関係に強いタクシー会社なら、テレビ番組の視聴率やエンドロールのチェックからはじめてみたらいかがでしょう?

また、週刊誌や月刊誌の締め切りの曜日や日付などを抑えておくのも有効だと思います。雑誌社のチケットは、どの会社でも使えるものが多く、そしてどの会社のタクシーでも利用してもらえる確率が高いからです。

 

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ